スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素朴な疑問の持つ力

 95歳の祖母が数ヶ月施設に入所します。主介護者である私の母が入院したために緊急避難的にやむなく施設入所。入所までの期間(幸いにも空きがあったために2週間程度で入所できそう)は毎日デイを利用して凌いでいたようです。

 この件では父親から何度か相談がありましたが、父親がいまだに納得できずに疑問に思っていることがあります。それは、祖母が入所するとお風呂に毎日ではなく3日に1回になってしまうということ。
 今は毎日デイサービスでお風呂に入っている。それが入所すると施設にいる時間がデイサービスよりも長くなるのだから家で入っているように毎晩お風呂に入れてもよさそうなのに、逆に3日に1回になる。なぜ? そう真正面から疑問をぶつけられると返答に困ってしまう。
 理由としては考えられそうなのは、全員が毎日お風呂に入れるような対応をする人手が足りないという人員配置の問題、お風呂の規模や数が不足しているという設備の問題などだろうか。ちょっと偽善的だけど、お風呂は体に負担になるから高齢者は毎日入らない方がいいという健康面の問題なんかもひょっとするとあるかもしれない。
 実際の理由は私にはわからないけど、3つぐらい理由を考えてみて愕然とする。単に私が無知だからかもしれないけどこれらの思いつく理由は全部提供者側の理屈だ。施設に入所しても暮らす場が家から施設に変わるだけなんだから、当然毎日お風呂に入れるはずという、至極まっとうなニーズにさえ応えることが出来ていない。それにおそらく父が納得できるような回答もできない。

 先日、首相が社会保障に金がかかるから消費税を増税すうというようなことを言ったらしいけど、いかにも手厚くあるいは必要以上にやってますと言わんばかりの社会保障、社会福祉ですがたかだかこんなもんです。

 いつになったらこの素朴な疑問に答えることが出来るのやら。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。