スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸惑い

昨日今日と2日間にわたって日本福祉大学のH先生と大阪教育大学のA先生のお二人が上牧町社協でお話をされました。
1日目の昨日のお昼は福祉に興味のある住民を対象に地域福祉計画と住民参加について約4時間にもわたる講義とワークショップが開催されました。そしてその日の晩には事務局の全職員を対象に地域福祉計画と社協経営について講義とごくごく簡単な意見交換がなされました。そして今日、1日目のワークショップに参加した住民と事務局長を含む社協職員4名とで計画作りについての意見交換が行われました。
とここまで紹介すると、実に豪華な講師を招いて住民参加の非常に民主的な計画作りのスタートのように聞こえます。でも、ぷらっとUは昨日まで社協の計画作りがスタートしたことを知りませんでした。より正確にいうと、今でも周囲の状況から計画作りがスタートしてしまったんだろうなと判断しているだけで、上司から直接計画作りのスタートを知らされてはいません。
ですので当然のことながら、この2日間、発言を求められた場ではまずは社協職員間での計画作りに向けての合意形成もしくは業務命令の徹底が必要ではないかということを発言しました。そしてまずは職員のボトムアップ、計画作りに参加できる体制づくり(たとえば会議で発言できることや最低限の知識や情報の共有)が第一ではないかとも発言したつもりです。ですが、結果としては住民参加や合意形成などという言葉を使いながらも、実態としてはひどく強引で独善的と思われるような反民主的な方法で無理矢理計画作りがスタートさせられてしまったようにぷらっとUは感じました。
いま、この2日間で起こったことを消化しきれずに戸惑っている自分がいます。それと戸惑っていることがもう一つ、2日目の意見交換会に参加した他の職員はなぜこの事態に何の言葉も発しないのか。ぷらっとUだけが計画作りについて知らなかったのか。それとも他の職員は私と同じように計画作りについて知らなかったのに何となく納得してしまったのか。謎は深まるばかり…。
うちの職場ではいったい何が起こっているのでしょう誰か教えて~。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。