スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイまであと2日

 いよいよハノイまであと2日!! もう少しの辛抱でたった5日間ですが国外逃亡できます。ここのとこ色々と嫌なことが続発しており(たとえば巨人が7連敗してしまったとか、ここでは書けない職場の事とか…)、かなりきつい状態ですがあと2日の辛抱と思えば多少のことは我慢できます。いい加減、内じゃなくて外を向いて仕事をしたいと思いますがどうもうまくいかないようです。(我慢できると言いつつしつこいですね)
 さて、ここのところあまりまじめにブログを更新していませんでしたがその間に職場では、レスパイトを考える会、関係機関連絡会議、相談支援事業の打ち合わせといろんな事が進んでいます。レスパイトを考える会については、たぶんぷらっとのブログで書かれると思うので(ぷらっとM、ぷらっとNのお二人聞いてますか?)、ここでは調査と関係機関連絡会議について報告したいと思います。
 まず関係機関連絡会議から、12日、第2回目の関係機関連絡会議が開催されました。町内の福祉施設、NPO、育成会、作業所、養護学校(3校)、社協と6機関にコーディネーターの合計11名が参加しました。中身は夏に開催する調査の概要報告と参加者が持ち寄ったテーマでの意見交換。意見交換では養護学校の先生から、制度がどのように変わっていくのか全然見えないので3年生の卒業後が生徒にも保護者にもなかなか提示することができないという話がされました。保護者もそのことに大きな不安を持たれているようで、1,2年生の保護者の懇談会への出席率が例年よりもあがっているそうです。結局、施設がどのように移行していくのかや地域生活支援事業がどのような形になっていくのかということも、情報収集といろんな想定でシミュレーションしながらも夏以降の行政の動きを待つしかないのではないかという、少しくらい話になってしまいました。でもコーディネーターのHさんからは、法律が変わってかなりひどいことになったが、たぶんここ2,3年が底でこれから色々と新しい取り組みが始まっていくのではないか。サービスの実践者はそうやってゼロからサービスを作り上げてきたのだから、きっとまたいろんな新しいサービスを作っていくだろう。という明るい言葉というか、発破をかけられて会議は終了しました。
 つぎに相談支援事業の打ち合わせについて。7町の広域で相談支援事業(地域生活支援事業の中の一部)をどこかに委託するというところまでは行政は決めているようなのですが、そこから先がなかなか進みません。当初はS町の知的障害分野のT園とO町の精神障害分野の法人Mに委託するということだったようですが、K町では社協という選択肢が出てきたのでどのように委託するのかがなかなか決まらないようです。今日は、T園に行って相談支援事業の委託形態や3者がどのように地域をカバーするのかという話を少ししてきました。明日、行政がそのことについて会議を開催するようですが、10月から事業が始まることを考えると早く枠組みが決まればいいのになと思います。
 K局長について行っただけの私はどちらかというとT園の方が教えてくれた、大阪のNPOが実施している知的障害について地域で理解してもらうためのワークショップの話やT園に併設されている喫茶でのハンバーグランチの方が印象的でした。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。