スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルのお菓子







 先ほどの続き。
 1枚目の写真が講師として来てくださったボルマさんとボロルマさん。
 2枚目はぷらっとメンバーとの記念撮影。
 3枚目はお菓子作りの様子。このお菓子(料理)はお祭りやお正月には欠かせないものだそうで本来は羊や牛の挽肉とタマネギ、塩を混ぜ合わせたものを具材にして餃子の皮のようなもので包みます。そして最後の油で揚げてできあがり。お肉を入れると肉汁がたくさん出るのでそれがこぼれないようにきっちりと隙間が空かないように皮を閉じるのがコツです。また、空気が入ってしまうとあげている最中に破裂してしまうのでそれも注意!!今日はお菓子づくりなので具材にはすり下ろしたリンゴを使いました。
 4枚目はサラダを作っている様子。リンゴやバナナを小さく切ってマヨネーズで和えます。ボルマさんはマヨネーズを使うそうですがボロルマさんに聞くとヨーグルトを使うのがふつうだそうです。!?!?
 5枚目は今日作ったものすべてを並べてみました。お菓子とサラダとミルクティーです。バターや塩を入れて飲むのが一般的なようです。なぜか今日はお好みで塩を入れてくださいということでした。
 6枚目はお菓子のアップ。

 香ばしい香りに包まれてとてもおいしかったです。ボロルマさん曰く、モンゴルの食卓には常に肉があるのでお肉がないと食べた気がしないとのことです。肉好きの私もどうせならリンゴじゃなくて挽肉が入ってた方がよかったです。
 ボルマさん、ボロルマさんありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。