スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親孝行

 金曜日、久しぶりに丸1日ぷらっとでメンバーさんと一緒に仕事をしました。その時のメンバーさんの話を今日は紹介したいと思います。
 ぷらっとメンバーNさんは今年で24歳。ぷらっとには毎週金曜日出勤しています。それ以外の月曜日から木曜日まではNさんの地元のY市でリサイクルの仕事をしています。Nさんは電車とバスを乗り継いでぷらっとに出勤するので朝6時30分に起きなければなりません。リサイクルの仕事に通うときよりも30分も早く起きているそうです。ぷらっとに通い始めて1年以上が経ちますが遅刻は一度もありません。でもなぜかぷらっとに来るときよりもゆったりと出勤できるリサイクルの仕事の方には月に1回程度は遅刻をして怒られているそうです。
 そんな話しをしているときに、ふとNさんはこんな話しをしてくれました。「この前、お母さんに親孝行したいからぷらっとにおいでって言ってん」、私は何でぷらっとに来てということと親孝行が関係あるのかとちょっと疑問に思いたずねてみました。そうするとNさんは自分がいかに親に迷惑をかけてきたかという話しをしてくれました。小学生の頃に何となく線路に置き石をして電車を止めてしまい、親子で駅に謝りに行った話。中学の頃、体育の授業がイヤで授業の前に学校を抜け出して大騒ぎになった話やテストが苦手で0点をとった話など。そんなことが多かったのでお母さんを喜ばせるようなことは余り出来なかったそうです。
 そんなNさんが親孝行(お母さんを喜ばせたい)と考えたときに思いついたのが、お母さんにぷらっとに来てもらい自分が接客することだったそうです。この話しを聞いたとき、私はNさんにとってぷらっとという場所は単に通える場所ではなく、自信を持って人と接することが出来る場所なんじゃないか、Nさんが自分の接客が親孝行になると考えたことその自信の表れではないかと感じました。ぷらっとで働き初めてからの1年余の時間が彼にこのような自信を与えたのかもしれません。
 こんな話をNさんから聞けたことがとても嬉しく思いました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。