スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この前の土曜日から急に秋らしくなってきました。その日は避暑(前日まではとても暑い日が続いていたので)も兼ねてと友人と高野山へ遊びに行ってきました。「いゃー、高野山は涼しいねー」と言うつもりで行ったのに到着してみるとそこは気温が15度しかなく、寒い寒いと言いながら高野山のお寺巡りをする羽目になってしまいました。

 中学生ぐらいまでは毎年お彼岸さんに高野山を訪れていたのですが、高校にあがってからは全然行ってなかったので久々に訪れた高野山はすごく新鮮でした。
 久々の高野山でまず驚いたのは外国人観光客の多さ。西洋人の観光客の姿をたくさん見ました。お彼岸さんが明けてすぐだったので、日本人観光客の姿自体あまり多くなかったこともあります。でも昔は西洋人の姿なんかちっとも見た記憶がないのに、この日は20人ぐらいは見かけたと思います。世界遺産に登録された影響なんでしょうか。
 それから人が少なく静かなのにも驚きました。これはきっとネパールのお寺と比較してしまうからだと思います。ネパールではどこのお寺にも多くの巡礼者で賑わっており、生き生きとしていました。これに比べると、高野山はまるで博物館の標本のように静かで現実感のない空間のように感じられました。
 両者を単純に比較することは出来ないので、自分で書いていながらずいぶん勝手な印象だなとは思いますが。

 ネパールのあの雑然とした空気が恋しいな。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。