スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約37000円の原稿




 400字詰めの原稿用紙約2枚の原稿を書いて37000円。こんな風に書くと、こんなに割のいい仕事があるのかというぐらいぼろい仕事。これは、ぼくが県社協から派遣してもらって東京への旅費とホテル代、約37000円を支給されて全国社協活動会議に参加し、帰ってから職連だよりという広報誌に報告原稿を提出するというもの。

 確かに楽だからよろこんで応募した。でも、ひとつ落とし穴が…。このお仕事は実際には原稿を書いたからお金をもらえるのではなく、先にもらってからあとで原稿を書くというもの。もらうものを先にもらってしまうと、ぐうたらなぼくは原稿を書くのが億劫で仕方がない。実は今日がその原稿の締め切り日。でもぼくは機嫌良く別のことをしていて原稿を書かなかった。さすがに連休明けには提出しないとまずいだろうけど、う~んめんどくさい。

 だって、会議自体が本当につまらなかったもの。会議の後で食べたビルマ料理のことや嚼みタバコのことならいくらでも原稿書くのに…。

 写真はビルマ料理。2日間で食べたいろいろです。

スポンサーサイト

電話


 ぼくは電話がすこし苦手。仕事の電話は特に苦手じゃないけど、自分にとって近い人との電話ほど苦手になる。
 だから電話をする前に話すことを全部考えておいてから電話をする。それでも相手の声を聞いたら、用件を忘れてしまうということがよくある。今日も電話をしていることがうれしくて、話すはずだったことの半分も話せずに電話を切った。顔を合わせて話すときは、しばらく会話がなくても気にならないから考えながらゆっくりと話ができるけど、電話になると表情が見えないから話し続けていないと不安で、あんまりよく分からないことだけを言って電話を切ってしまうことになる。

 でも、今日の電話はぼくにとってはうれしかった。 さぁ、明日からは気分を切り替えて頑張ろう!!


 写真はぼくの部屋の本棚。引っ越したときに買ったけどそろそろ満タンになりそう。昨日午前中に整理してみました。

感情

 最近、プライベートでも仕事でもかなり追い込まれ気味。もうすぐちいさなバケツにいっぱいになった水があふれそうな気がする。毎日が不安定で、心の揺れ幅が大きく、妙に強気だったり、その逆だったり。なかなか眠れないのにテンションだけは高くて休みがなくてもたぶん平気。これから大嫌いな冬に向かっていくのにこんなことで大丈夫だろうか…。

 先日、友人に本気で怒ったりしているところを見たことがないと言われた。最近そのことが気になっている。言われてみると、自分が大切に思っている人が不当な扱いを受けたり、つらい目に遭っているのを見聞きしたときの方が素直に怒ったり、泣いたりしているような気がする。なぜか自分の身に起こっていることよりも見聞きしたことの方がリアリティがあるような気がする。これは自分が本当にひどい目にあったことなんか一度もないからだろうか。

来週は東京

 来週は会議に参加するため東京出張。しかも職連からの派遣のため、タダ。
 1日目の会議が終わった後、どこに行こうかなと考えてたら先日NHKの番組で高田馬場にビルマの人たちが多く暮らしていて、リトルヤンゴンと呼ばれているというようなことが流れていました。で、高田馬場にビルマ料理を食べに行くことに決定!! 会議なんかよりこっちの方がメインだったりして。

bad fortune



 一週間以上更新の間が開いてしまいました。この間、巨人が奇跡の逆転を優勝したり、ル・クレジオがノーベル文学賞をとったりだとかうれしいことがいくつか続きました。仕事の方はどないやねんって言われたら、まぁ県の指導監査を無事に終えたぐらいであんまりいいことはありませんが…。

 昨日は友人と大津祭りに行ってきました。大津祭りは祇園祭にそっくりなお祭りで、昨日は宵山。町内に13の山がでていました。お囃子は祇園祭のようなメロディーではなく、結構アップテンポの勇ましい感じのものでしたが、人もそんなに多くなくって堪能することができました。これから大嫌いな冬に向かっていきますがその前にちょっと楽しい思いができました。
 それから写真は携帯で撮ったんですが案外撮れるものなんですね。前に持ってた携帯なんかみられたもんじゃなかったけど…。

 しかし、昨日一番の発見は大津祭りの前に立ち寄った比叡山でのこと。おみくじ好きの私はいつもどおりおみくじ引きました。結果は凶。引かなければ良かったと思いつつおみくじの裏をみると、そこには英語訳が、しかも私にも読めるような簡単な英語。興味本位に読んでみると、のっけから「bad fortune」と書かれてあり、以下の内容も表の日本語からは想像もできないようなひどい書かれよう。本当にこれは訳なんだろうか? それとも喜んで英語訳なんて読もうとするやつはもっとひどい目にあわせてやるって言われてるんじゃないだろうかと思ってしまいました。日本語をすごくシンプルに訳すとこうなるんでしょうかね。
 おみくじを翻訳している皆さん、スペースに限りがあるのは分かりますがおみくじは「簡潔に」ではなく「ボヤーっ」と訳してくださいね。特に運勢が悪いときは。あなたが外国へ旅行に行ったときにおみくじを引いて以下のような内容だったら、こんな国に来なきゃ良かったって思うでしょ。

 「不運 ~あなたは何をしてもうまくいきません。あなたが仮に船に乗ったとしても風が吹くことはないでしょう。~ 健康:わるい 仕事:失敗する 恋愛、引越、旅行:考えるな」

ようやくトンネルを抜けるか


 今日とてもうれしいことがあった。ひとつのものを共有できるっていうのはとてもすてきなことだと思う。最近のドヨドヨからようやく立ち直れそうな気がする。
 それにしてもぼくの感情の振幅はもう少し小さくならないものかと思う。その分感動も減ってしまうのかもしれないけど、こう振幅が広いうえに安定感もないとなるときつい。

 久々にCDを買った。斉藤和義の『歌うたい15』という3枚組のシングルベスト。最近も「ベリーベリーストロング」や「真夜中のプール」など好きな曲もあるけど「大丈夫」とか「空に星が綺麗」なんかの頃が一番好き。
 「大丈夫」なんか、前の職場を辞める前にめちゃくちゃてんぱってたころに全然大丈夫じゃないのに我慢してた頃を思い出します。

♪ 大丈夫 なるようになるのさ
  いつでもそうやって笑ってたじゃない
  大丈夫 なるようになるのさ
  構わずに行こう 思いのまま     ♪

すてきな気まずさ


 今日は早朝から高野山に出かけて結縁潅頂(目隠しをして曼荼羅のに花を落とし、落としたところに描かれてる仏と仏縁を結ぶという密教の儀式。私は何となく自分を導いてくれる仏さんが誰なのかが分かると理解しています。)を受けるつもりだったのに起きたら12時過ぎ。今から高野山に出かけても3時間ぐらいはかかりそうだし、15時で終了なのでとても間にいそうにないので断念。次回の春の結縁潅頂には必ず行こうと思い直して、DVDを観ることに。

 以前に友人に勧められた「迷子の警察音楽隊」を観ました。化交流のためにイスラエルを訪れたエジプトの警察音楽隊が、町の名前をまちがってホテルもない田舎町に到着してしまいます。正しい目的地へ行こうにもすでにバスもなく、困っていたところに小さな食堂の女主人の好意によって8人の楽団は3カ所に分かれて一夜を過ごさせてもらいます。その一夜にそれぞれの場所でそれぞれの楽団員が気まずくも暖かな時間を過ごします。
 特に楽団のリーダーと女主人との交流は観る者をほほ笑ましくも切ない気持ちにさせます。何か話をしないといけないけれど共通の話題もなく、でも気まずくはあるものの早く分かれてしまいたいわけでもない。気まずい雰囲気の中にも居心地の良さが感じられるシーンが続きます。あんな気まずさなら経験してもいいなと思いました。

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。