スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王手


 いやー、今日のジャイアンツは強かったですね。初回に4点を取られたのを知ったときは、今日はもう終わった中継見やんとこって思ったりしました。でも気をとりなおしてテレビを見るとちょうど追い上げ始めたところでした。
 今日の勝利で5年ぶりの優勝が近づいてきました。こんなに野球がおもしろいシーズンは久しぶりです。あと2試合頑張って優勝だ。そのあとはクライマックスシリーズに日本シリーズを経てアジアシリーズへ。最後は12月のオリンピック予選と今年は野球を長く楽しめる年ですね。

 全然関係ないですが、出勤途中にコンビニに寄ったらシントーの新しいやつを発見しました。ずいぶん久しぶりに見ましたが結構おいしかったです。

スポンサーサイト

お月見


 今日はお月見。お月さんは帰宅途中に少し見ただけですが、月見団子はしっかり食べました。ただし、食べたのは2日前ですが…。

 その月見団子を食べていてふと思い出しました。私が小学生ぐらいだった頃は、家でちゃんとお月見をしていたことを。その日の夕方にお散歩がてらに近くの貯水池の土手なんかにススキを取りに行って、日が暮れるとその当時うちの庭にあった大きな石の上にそのススキと月見団子をお供えしていました。
 お供えしてからしばらく経ってからでないと月見団子を食べられないので、その時間がずいぶん長く感じられたことを覚えています。最近こんなことしてる家ってあるのかなぁ。自分がちっちゃなころは当たり前のようにしていたけど、今はしていなくってそういえばこんな事してたよなぁと思い出すだけのことってけっこうありますよね。
 例えば、節分のときに玄関先に柊の枝に鰯の頭を刺して置いておく鬼よけとかも記憶にあるだけで、今はやってません。こうやって長い間続いてきたことが廃れていくんですね。なんか複雑ですね。最近そんなことをよく思います。

停電(ネパール)





 ネパールで驚いたことの1つ、それは停電。停電なんか日本に住んでいる限りほとんど体験することがありません。ここ10年ぐらいで1,2度というところでしょうか。まぁ私が子どもの時(20年ちょっとぐらい前)はもうちょっと停電が身近だったような気がしますけど。その頃は、台風が近づいてきているときなど早くお風呂に入りなさいとよく怒られていたような気がします。
 話しをネパールに戻すと、カトマンドゥでは計画的に時間を決めて停電が行われているようです。18時から20時までの2時間、例えば今週はこの地区が停電ねって感じです。計画停電というのが実施されていることはネパールに行く前から知っていましたが、実際に経験すると結構不思議なものです。
 旧市街の近くで早めの夕食を食べて夜のダルバール広場でも見に行こうと通りを歩いていると、あるところから急に暗くなったような気がします。それでも通りにはいっぱい人が歩いているし、暗い店も営業している様子。辺りにある灯りは、お店の中にあるロウソクとホテルなどほんの一部の建物のおそらく自家発電の灯りのみ。目的の広場に着いてみるとそこには旧王宮などの伝統的な建築が数多くあるはずなのにほとんど何にも見えません。通り沿いの露店のほとんどもロウソク1本の灯りで営業しています。なかにはエンジンで発電して豆電球を何個かつけている露店もありましたが、ほとんどの露店は何を売っているのかもほとんど分からない様子。お菓子らしきものを売るお店もありましたが恐ろしくてとても買う気にはなりませんでした。
 そんなこんなで旧王宮の夜の写真などを撮りたかったのですが撮影できたのは暗い露店ぐらい。でも、とても貴重な体験をしました。

お寺





 今朝の新聞にネパールの記事が載っていました。マオイスト(毛沢東主義派)が直ちに王政を廃止して共和制に移行することを求めて受け入れられず、政権を離脱し11月の制憲議会選挙もボイコットするそうです。長い間続いていた内戦状態が今年に入ってようやく収束し、これから政情も安定に向かっていくのかなと思っていたのですが(だからずっと行きたかったネパールを訪問しました)なかなかうまくいかないようです。ネパールの政情のことは日本ではほとんど新聞にも載らないので詳しいことはよく分かりません。でもそもそも王政の可否は11月の制憲議会選挙国民に問うはずだったと思うのですが…。

 さて、写真は1枚目と2枚目がカトマンドゥの東にあるボダナートというネパール最大のストゥーパです。3枚目と4枚目はパタンのゴールデンテンプルことヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハールという寺院とそこにお参りに来ている人です。これらの寺院は仏教寺院のため私たち外国人も中にはいることが出来ました。これに対してヒンドゥー教の寺院へはヒンドゥー教徒以外は立ち入りできないため、外から外観を眺めることしかできませんでした。
 私が訪れたネパールの町には町中に本当にたくさんの寺院や祠がありました。現在ではヒンドゥー教徒の割合が非常に高く、つい最近まではヒンドゥー教を国教とする唯一の国でした。ですがカトマンドゥ盆地の遺産の多くは先住民族のネワールの人々が築いたもので、彼らは仏教徒です。いまでもパタンなどでは仏教徒の方が人口が多い地域があるそうです。

脳トレ

 今日は休日出勤して脳トレのサポーター研修に参加してきました。
 この脳トレは、ニンテンドーDSで100万本以上売れたという「川島教授の○○」というやつと同じようなものです。行政としては、介護予防ということでこれを実施するそうです。(筋トレやら脳トレやらお忙しいことです。)KUMON(そうあの子ども向けの学習教材の公文です)が教材を開発して、そこから教材をセットで購入して行政(うちは行政から委託されたみたいです。うちの事業計画にも予算書にも載ってないのでなぜ今年度の事業として実施することになったのか経緯は不明ですが…。)、NPOなどが実施しているそうです。奈良県では上牧町のほかに王寺町、明日香村、奈良市などが今年度から実施するようです。
 脳トレの中身は、国語(音読と簡単な設問)、計算(足し算、引き算など簡易なもの)、1~100までの数字の書かれたボードに同じ数字の書かれたオセロの駒のようなマグネットを置いていくという作業を週一回、半年間行うというものです。これらはそれぞれ10分以内には終わるので週1回30分程度教室に通って脳トレ(学習療法というらしい)を行い、それ以外の日は同じような宿題を朝食後に行います。
 今日の講師の話によると、これを半年間継続すればだいたいの人は前頭葉が活性化して意欲や好奇心が増したり、物忘れが減ったりするそうです。

 ゲームソフトがあんなに何百万本も売れるんだからやりたいと思う人はそれなりにいるでしょう。でも、自分で勝手に痴呆予防をしようと思ってゲームソフトを購入するのと、行政の名前で学習療法とかいう名称で参加者を募るのは大きく違いますよね。病気になりたくない痴呆になりたくないっていう素朴な願いにつけこんでこんな事業を進めるなんて、霊感商法とあんまり変わらないじゃないって思うのは私だけでしょうか。まぁ私も主催者の一員ということになるのでこれ以上はいえませんが…。

 まぁなんと言っていいのやら、ほんとに予防が大流行ですね。病気になるよりはならないほうがいいのは確かでしょう。でも100%病気にならないなんてことは、どんなに個人が気をつけても保健制度充実しても不可能ですよね。じゃあ、社会が考えなければならないのは個人に節制を呼びかけて病気になる可能性を減らすだけではないはずですよね。今いろいろともてはやされている予防事業は半分以上精神論の世界じゃないですか。個人にどうしようもないことを個人の責任にしたいのなら、変なロジックを持ち出さずにシンプルに大和魂で病気になるなとでも言ったほうがわかりやすいですよね。
 人が歳をとるのが悪いかのように20××年には高齢者が総人口の何%にもなるなんて話しをしないでください。敬老の日の次の日にこんなことを思いました。

バクタプルの広場




 今日から何回かはネパールでおもしろいと感じたことを忘れないため、いくつかメモのよう書いてみたいと思います。

 まずは広場について。
 私が訪れたカトマンドゥ盆地の町には広場がたくさんありました。ダルバール広場という王宮前の広場(カトマンドゥ、パタン、バクタプルの三都はすべてが王朝の首都であったため、それぞれにダルバール広場があります)の様な大きなものから、小さな通りが交差する場所や小道の脇にあるほんとに小さな広場まで本当にたくさんの広場があります。これらの広場には必ずと言っていいほど人が集まっていました。
 旅行前に呼んだある本ではこれらの町をフィレンツェなどのイタリアの都市とそっくりだと書かれていましたが、実際に行って見てみると私もイタリアの町(アッシジなどの山岳の小都市など)と雰囲気が似ているように感じました。
 これらの広場を見ていておもしろかったのは、広場という公共の場所を使って農作物の乾燥や脱穀などが行われていたことです。何となくこれらの作業はそれぞれの農家が家の中庭で行うものと思っていたので、とても不思議な光景に見えました。それと働いているのはほとんどが女性なんですよね。男はというとパティと呼ばれる公共の休憩所でぼーっとしていたり、話しをしたりして時間をつぶしているように見えました。

 写真は1枚目がバクタプルの郊外にあるチャグナラヤンというお寺の参道にある村。2枚目がバクタプルの王宮近くの広場。3枚目もバクタプルのある広場です。

タイムボッカーン!




 今朝、ネパールから帰ってきてしまいました。あっという間の6日間。実質4泊5日間の国外逃亡も終了してしまいました。
 向こうでは町に入るためのチケット(カトマンドゥのダルバール広場やパタン、バクタプルの旧市街では文化財保護のため外国人は入場料を支払わなければなりません。これが結構高くてジュースが30円ぐらいで飲めるのにバクタプルの入場料は1500円ぐらい。)を購入する度、係の人や警備の人に何日ぐらいネパールにいるのとかどこに行く予定とか聞かれて、6日間と答えると何でそんなに短いのっていうことを言われ続けました。ぼくやってもっと長くいたいのにそんなこと言うなよって思いましたが、確かにカトマンドゥ盆地の数都市を見るだけでも6日間では時間が足りず、もっといろんなところに行きたいのにと後ろ髪を引かれる思いでした。とりあえずはカトマンドゥ、パタン、バクタプル、キルティプルという4つの町を見てきましたが本当に美しく、まるで中世にタイムスリップしたような町並みと暮らしで、本当に1ヶ月ぐらい滞在できればどんなに楽しかったことか…。

 さて、今日のブログのタイトルですがCoccoが7月に出したアルバム「きらきら」に収録されている曲の名前です。ネパールに行く飛行機の中でこのアルバムを聴いていたのですが「タイムボッカーン!」という曲が妙に気に入ってしまいました。気に入って何回も聞いていると着いたカトマンドゥの町はまるで中世の様な景色。本当にタイムマシーンに乗って出かけてきたような気分になりました。

~タイムボッカーン!~
 おいしいパンを探しに
 素敵にトキメくHeart to heart
 おひさまが見てる内に
 おでかけ るんるん 大好き
 タイムマシーンに乗って
 そんなあなたに
 タイムマシーンに乗って
 も一度キス


 それにちゃんとオチまでついていて、日本に帰ってきたら安部さんが首相を辞めちゃってました。どうなる美しい国!

 さー、あほなこと書いてんと写真の整理でもしょー。

ネパール

 いろいろありましたが今日の深夜にネパールに向けて出発します。めちゃくちゃで対の空港で乗り継ぎに5時間以上(バンコク-カトマンドゥ間は1日に1本しか便がないみたいです)待ったりして14時間近くかけてカトマンドゥに到着します。爆弾テロの件はちょっと心配ですがおもいっきりカトマンドゥのまちを歩いてきます。
 帰国は13日の早朝の予定。またこのブログでも写真を紹介します。


 しかし、このブログも開設から1年半でもはや仕事の話しなどほとんど出てこず、単なる個人の日記化していますね。

一難去ってまた一難

 国外逃亡まであと4日。そろそろ旅行の準備をしなければと思っていた矢先にとんでもないニュースが!! なんとカトマンドゥで爆弾テロだそうです。しかも4カ所で同時に爆弾が爆発して死者や負傷者が多数出ているそうです。毛派(何で今さら毛沢東なのかな)との停戦も合意していたし、春には確か選挙が行われて毛派も議席を獲得したはず。11月に王政の是非を問う制憲選挙が控えているとはいえ、まさかこんな事になるとは。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070903k0000e030004000c.html

 うーん…。ついこの前までは仕事上のトラブルで航空チケットとホテル代を捨てなければならないかもと悩んでいたし、なんとか無事に国外逃亡できると思ってたのに。ほんま、ついてない。
 それになんだか台風も怪しげな動きをしてますよね。8日の午前1時すぎに関空を飛び立つまで心配は絶えません。


 おとついぐらいから毎日のように夕立(昨日は朝に降ったけど)がきて、それと共に急に夏が薄れていってしまいました。気がつけば9月、今年の夏も終わってしまいましたね。なんだかすごく寂しいです。子どもの頃はそんなに夏だけ特別に好きだった記憶はありませんが、歳をとるにつれて夏が恋しくなるし、夏の終わりの寂しさが増しているような気がします。
 しかし今朝は本当に涼しかったですよね。子どもの頃、毎年彼岸には親戚一同、何台もの車を連ねて高野山にお参りに行っていたんですが、今朝の涼しさはちょっとそのときの高野山の涼しさを連想するほどのものでした。来週の今ごろはバンコクからカトマンズ行きの飛行機に乗っているはず、カトマンズにはヒンドゥ教の寺院だけでなくチベット仏教の寺院もあるそうなので、帰ってきたら密教つながりで高野山にでも行こうかな。

 写真は三重県亀山市の関宿の町並みです。

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。