スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ


 今日は休みだったので梅田まで映画を観に行く。これまでも観たい映画はたくさんあったけど機会がなくてなかなか劇場に行けず、なんと去年の秋以来と本当に久々となってしまった。
 今日、観てきたのはドイツ映画「善き人のためのソナタ」。ドイツでは昨年3月の公開から1年以上のロングランを更新し続けるヒット作で今年のアカデミーショーでも外国語映画賞を受賞したようです。
 お話の舞台は1984年、ベルリンの壁が崩壊する前の東ドイツ。ヴィースラーという国家保安省の職員が〈反体制的〉との疑惑をかけられた劇作家ドライマンの自宅を盗聴し、彼が〈反体制的〉であるとの物証を得るためにドライマン宅に出入りする恋人で舞台女優のクリスタやその他の友人たちとのやりとりを監視します。でもその過程でヴィースラー自身がドライマンらに影響され、ドライマンとその友人が西ドイツのシュピーゲル誌に東ドイツ政治体制の実態を暴く文章を密かに寄稿するのを見逃し、さらには国家保安省の家宅捜索を証拠を隠滅するという形で妨害までしてしまいます。ヴィースラーはこのために降格され壁が崩壊するまで閑職に追いやられます。これ以上書いてしまうと浜村淳になってしまうので内容はここまでにしておきますが、以上のようなお話がすごく丁寧に描かれています。
 この映画では、東ドイツという国は国家保安省が盗聴を行ったり、何十万人もの市民を協力者にしたてて密告を行わせたりする監視国家だったということがすごくリアルに告発されています。パンフレットにも東西統一から15年以上がすぎて、自分たちのしたことを関係のない過去のこととしてはいけないというメッセージがあるのでしょう。でも私が考えさせられたのは、ヴィースラーが心を揺り動かされたのは劇作家の自由な生き方であり、芸術という人間の内面の発露に対して政治が干渉するべきではないという想いのほうです。東ドイツに対して壁の向こうの西は、登場人物たちの台詞の中に何度も登場します。この壁の向こうに対して込められた想いは、自由な表現や個人の生活への不介入に対する憧れであり、個々人の生活にばかげた官僚主義や権力者の欲が介入し抑制しようとする壁のこちら側へのアンチとしてです。決して、資本主義や自由な経済活動、新しい車やきらびやかな消費生活ではありません。
 人が暮らしていくために必要なものは何か。ヴィースラーは何を求めて、処分を覚悟してまでドライマンを助けたのか。この映画に問いかけられたものは大きいと思います。

<a href="http://www.yokihito.com/images/banner.gif" target="blank"><IMG src=http://img.yahoo.co.jp/images/clear.gif alt="善き人のためのソナタ" border="0"></a>

スポンサーサイト

ぷらっと会議



 たった今、ぷらっと会議が終了したところです。
 前回の会議であるメンバーから「接客やコーヒーをたてたりするだけじゃなって調理もしたい」という意見が出て、みんながぜひ挑戦してみたいと賛同したことから今回は調理に挑戦しました。といっても家で調理をしたことがある人から、全くしたことのない人までメンバーさんの調理経験は様々。そこでランチなど少し複雑なものは今回はパスしてピラフ、パスタ、ピザ、モーニングの4品からそれぞれ挑戦したいものを選んで調理することになりました。
 調理を終えた感想は、自分で作って食べたらいつもよりおいしく感じたという意見が多くでました。思ったよりも難しかったという意見も少数ありましたができればこの調子でもう少し練習したら、営業中にも調理をしたいという意見にまとまりました。

いよいよ報告書作成



 夏休み期間に実施した実態調査もいよいよ報告書作成の一歩前までたどりつきました。
 昨日、今年初めての関係機関連絡会議を実施。いつものメンバーに大阪教育大学新崎先生も加わっていただき、事務局が作成した調査結果と結果分析についてみんなで議論しました。先月末から調査結果のまとめと分析に忙殺され、ちゃんとできるんやろうかと寝付けないこともたびたびでした。でもこの日の会議は2時間30分にもわたっていろんな議論が展開され、担当者としてはホッと胸をなで下ろしているところです。もちろんこれからテープ起こしや議論を文章にまとめるという大変な作業が待っているのですが…。なんとか3月中にはまとまりそうな気がしてきました。
 これでようやく昨年末からストップしていた事業が動き出しました。つぎは第1回目を開催したまま長らく中断していた保護者会。なんとか3月前半には開催しようと頑張っています。ようやくいつもの調子で(人が足りなくってバタバタしているのはちっとも変わりませんが)仕事に向かうことが出来そうです。

 それから上記の会議の前日に久々に職場の同僚や元同僚とご飯に行きました。特に大して意味のあることを話してたわけじゃないけど楽しかった。懐かしくって、もう一回このメンバーで一緒に働けたらなぁとつい3年ほど前のことなのに思いました。(信頼できる人が職場にいるし、前の職場と比べたらものすごく恵まれた環境だと思います。)とにかく、このことも気持ちの切り替えに役立ったのかもしれません。
 それにしても社協も人の出入りが激しくなりましたよね。

リトルワールド







 少し報告が遅くなりましたが17日にレスパイトでリトルワールドに行ってきました。
 みんな民族衣装の仮装やいろんな国の料理を楽しみました。1枚目はピロシキ定食?を頬張るY会長。
あいにくの天気でしたが楽しい一日になりました。

 でもこの日、私にとんでもない不幸が…。
 おみやげ物も買い込みこれからさあ帰ろうと言うとき、ぷらっとにも通っているIさん(男性)がトイレに行くと言い出しました。そしたら一緒に行こかと私が同行。何となくおしゃべりをしながら、すたすたと歩くIさんの後ろをついて行きました。そこで入ったトイレはなんとなく見慣れない雰囲気、なんかおかしいなと思いつつ、Iさんにホンマにここでいいのと聞くとIさんは「ここトイレ」と言って自信満々で個室に入ってしまいました。そして私も何となくつられて小のくせに個室へ。みなさんはもうお気づきと思いますが、用を足し個室から出るとなんと間の悪いことに女性と鉢合わせ!! その女性の驚いた顔といったら、もう完全に犯罪者扱い。あわてて外に出て壁面を確認するとやはりそこにはスカートをはいた人のマークが。そうかあの違和感はこういう事ねと妙に納得してしまいました。
 鉢合わせした女性にノゾキと言われなかったから良かったものの、もしあそこで叫び声でも上げられていたら私は今ごろは社協にいないかも。だってIさんについて行っただけやもんと無責任な言い訳を自分言い聞かせつつ、今さら呼びに行けないのでトイレの前でIさんを待ちました。
 みなさんもトイレに入るときは十分注意してください。

 ちなみにふざけた書き方ですが自らの不注意には十分反省しているつもりです。鉢合わせした女性の方、驚かせてごめんなさい。

在宅ワーク

 年明けからちっとも仕事がはかどりません。目の前のことに追われてしなければならないことにちっとも手がつけられていません。ここんとこやっと少しずつ手をつけ始めましたがいつまでかかることやら。特に調査報告書の作成なんて絶望的。夏に調査を行ったのにいまだに分析が出来ていません。(これは面倒なことは少しでも後へという私の性格の貢献度もかなり高いですが…)
 ということで今日は調査の分析というか調査結果へのコメントを作成するために休んで自宅で仕事をしました。好きな音楽を聴きながら誰にもじゃまされずにパソコンに向かうと結構はかどるもの。途中、お昼過ぎにはケーブルテレビで中継されている巨人のキャンプ中継や紅白戦中継に後ろ髪を引かれながらもなんとか頑張りました。
 しかし!!夕方事務所に電話をしてみると風邪が猛威をふるっており、ほとんど職員がいない状態。なんとまぁ最悪のタイミングでわがままなことをしてしまいました。みなさんどうもスミマセン。それから今回職場で猛威をふるっている風邪、気のせいか最初に風邪を引いてひどい目に遭っていたのは私のような…。かさねがさねスミマセン。
 明日はレスパイトサービスでリトルワールド(愛知県犬山市)まで出かけます。

旅行気分


 最近、朝の通勤が楽しくって、なんかすごく不思議な気分です。当然ですが、仕事が楽しくて仕方なくって少しでも早く出勤したいっていうわけではありません。いつもと同じ道をほとんど同じ時間に車で走っているだけ。でも何故か今週に入ってから見慣れた景色のはずが旅先で始めてみる景色のような気がして、雲がきれいやなとか遠くの山を見るのが何となく楽しいんです。変ですよね。今の通勤ルートになってから2年経つし、今の職場になってから6年目。ひょっとしたら物忘れかなとアホなことを思ったりしているこの頃です。(昔から人の顔と名前が一致せずについ最近もボランティアさんに失礼なことをしてしまいましたが)
 なんでやろと思いながら今日も不思議な気分で出勤しました。誰かこんなこと思ったことあります?
昨日まで呼んでた本のせいかなとか、ただいま原因究明の真っ最中です。ちなみに昨日まで読んでたのは柴崎友香という人の「また会う日まで 」という本です。
 

ただいまジャズ演奏中




 今日は2月のぷらっと講座ジャズを楽しもうです。ちょうど今、針山さんと山川さんがジャズを演奏中。20名もの参加者でお店はギュウギュウ。

 おまえはジャズの演奏中に何ブログ更新してんねんって言われそうですが、デジカメのメモリーがいっぱいになったのでパソコンにコピー中です。

給食



 今日は高齢者の配食サービスの日。月に2回だけですがぷらっとのみんなで作ったデザートを配食サービスのお弁当の中に入れてもらっています。今日は牛乳フルーツゼリー。おいしそうでしょ。
 これからなぜかK局長と上牧を遠く離れた生駒市のファミレスで明日の会議の打合せ。何故そんなところで会議をしているのかめっちゃ不思議でしょ。上牧ではとても話せない密談だからです。(ウソ)

 ほんとはとっても下品な柳沢発言とこれまた下品な柳沢批判についてブログでコメントしたいのに。仕事がちっとも進んでないので書けません。それにもう一度カゼをひいたみたいやし。でも「健全」って言い方ストレートですよね。子育て支援もその他諸々の生存権に関わる諸政策も所詮ひとりひとりの「くらし」をどうみんなで支えるかではなく、国家や社会の活力を維持するために必要だからしてますってことですよね。何の本だか忘れたけど、確か障害学の人が昨今の少子高齢化をめぐる言説をナチの対ユダヤ人政策になぞらえてましたが(確か金髪の青年が天秤棒を苦しそうに担いでいて、その天秤棒の先にはユダヤ人が乗ってるっていうナチの作ったポスターを例えに出していたと思います。)まったくそのとおりで「国家」が主体で「人」は単なる構成要素でしかないんですよね。昔、うちの職員が「おまえは(暮らしづらさ)って言葉をよく使うけど、自分にはその意味意味がよくわからん」って言われたけど、上手く説明できてなかったかも知れませんがこれこそが(暮らしづらさ)の源泉です。
あーあ、宝くじあたらないかな。あたったら海外に移住できるのに。←社協マンとして不適切な発言でした。陳謝いたします。(笑)
そろそろ生駒に行かねば…。

ついでにもう一つ

 更新をさぼってたので報告することがたくさん。ついでと言っては何ですが、今日2回目の更新。
 ギャラリーがすごく好評です。先月の中頃に「Shintani&Nishimura二人展」のことはご紹介しましたがぷらっとでは早くも次の展覧会「藤原美穂・家族展」が開催されています。こちらは1月29日から2月24日まで、ぷらっとメンバーでもある美穂さんの作品の他にお母さんの布の絵本や料理のレシピ、お父さんの油彩画などが展示しています。
 「藤原美穂・家族展」の後も3月3日から31日まで「幼稚園卒園記念展」(たぶんこんな名前だったと思います。明日確認して間違ってたら訂正します)を開催することが決まっています。みなさん結構いろんな趣味をお持ちなんですね。ギャラリーがこんなにうけるとは思いませんでした。

やっと復調




 やっと風邪が治りました。先週末の勉強会はすごく楽しみだったけど泣く泣くパスしました。そのおかげかやっと体調も上向き加減。そろそろちゃんとブログの更新をしていきます。
 かなり前になってしまいましたが1月28日に今年初めてのぷらっと会議を開催しました。それぞれ今年一年どんなことを目標にぷらっとで働くかということを話し合いました。会議のあとはメンバーmの新年会を兼ねた昼食とカラオケへ!!
 なんとメンバーmの昼食は串カツと生ビール。みんなうどん定食なんかを食べてるのに…メンバーmの豪快さが際立った新年会でした。

かぜ

 前回ブログにそろそろ頑張らねばと書いたとたん風邪をひいてしまいました。この冬初めての本格的な風邪にここ数日ダウンしてます。こんな事で明日の勉強会に参加できるんだろうか。勉強会に参加しといて風邪が悪化したら職場にひんしゅくだろうし…。楽しみにしてた勉強会やねんけどなーって、こんな事書いてんと早よ寝ろって言われそうですが昼間に寝過ぎてちっとも寝られません。

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。