スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をとりなおして クリスマス会




 昨日ぷらっとで今年最後のぷらっと会議とクリスマス会が開催されました。
 ぷらっと会議では各メンバーが今年一年を振り返って頑張ったことや反省点などを話し合ったり、今年一年いろいろとお世話になった人たちへメンバーからのお礼手紙づくりなど行いました。

 午後からのクリスマス会では県内のT町社協のSさん(コミ勉会長)も飛び入り参加で大いに盛り上がりました。

スポンサーサイト

わかってもらえない

 今月はここ数年で一番。ひょっとすると人生で一番ツキがないように感じる。
 ここ数年頑張って形にしてきたことがなすすべもなく崩れていく、そんな感じです。いまはまだ詳しくかけませんが近々とんでもないことをお伝えしなければならないかも…。

 それにしてもうちらの職場のやろうとしていることってなかなか理解してもらえない。一番は私も含めた職員の力量不足なのかもしれませんが、どうしても「困っている人を助けてくれる場所」というような
理解をされてしまいます。だからぷらっとも仕事がなくてかわいそうな知的障害を持つ人に仕事を与えているところというように受け取られてしまいます。そして次に続くのは、社協はなぜ知的障害者への支援ばかりしてその他の障害者への支援を行わないのかという声。
 そんなんじゃないのに。手を変え品を変え言葉を尽くして説明しなければならないんだろうけど。こんなときこそ国外逃亡できればいいのに。

親孝行

 金曜日、久しぶりに丸1日ぷらっとでメンバーさんと一緒に仕事をしました。その時のメンバーさんの話を今日は紹介したいと思います。
 ぷらっとメンバーNさんは今年で24歳。ぷらっとには毎週金曜日出勤しています。それ以外の月曜日から木曜日まではNさんの地元のY市でリサイクルの仕事をしています。Nさんは電車とバスを乗り継いでぷらっとに出勤するので朝6時30分に起きなければなりません。リサイクルの仕事に通うときよりも30分も早く起きているそうです。ぷらっとに通い始めて1年以上が経ちますが遅刻は一度もありません。でもなぜかぷらっとに来るときよりもゆったりと出勤できるリサイクルの仕事の方には月に1回程度は遅刻をして怒られているそうです。
 そんな話しをしているときに、ふとNさんはこんな話しをしてくれました。「この前、お母さんに親孝行したいからぷらっとにおいでって言ってん」、私は何でぷらっとに来てということと親孝行が関係あるのかとちょっと疑問に思いたずねてみました。そうするとNさんは自分がいかに親に迷惑をかけてきたかという話しをしてくれました。小学生の頃に何となく線路に置き石をして電車を止めてしまい、親子で駅に謝りに行った話。中学の頃、体育の授業がイヤで授業の前に学校を抜け出して大騒ぎになった話やテストが苦手で0点をとった話など。そんなことが多かったのでお母さんを喜ばせるようなことは余り出来なかったそうです。
 そんなNさんが親孝行(お母さんを喜ばせたい)と考えたときに思いついたのが、お母さんにぷらっとに来てもらい自分が接客することだったそうです。この話しを聞いたとき、私はNさんにとってぷらっとという場所は単に通える場所ではなく、自信を持って人と接することが出来る場所なんじゃないか、Nさんが自分の接客が親孝行になると考えたことその自信の表れではないかと感じました。ぷらっとで働き初めてからの1年余の時間が彼にこのような自信を与えたのかもしれません。
 こんな話をNさんから聞けたことがとても嬉しく思いました。

これお勧め


 先日発売された三崎亜記さんの小説「失われた町」。すごくおもしろかったです。
(お勧めと紹介しながら、これだけしか書かなかったらすごくアホみたいですね。でもほんとにいいですよ。)

モンゴルのお菓子







 先ほどの続き。
 1枚目の写真が講師として来てくださったボルマさんとボロルマさん。
 2枚目はぷらっとメンバーとの記念撮影。
 3枚目はお菓子作りの様子。このお菓子(料理)はお祭りやお正月には欠かせないものだそうで本来は羊や牛の挽肉とタマネギ、塩を混ぜ合わせたものを具材にして餃子の皮のようなもので包みます。そして最後の油で揚げてできあがり。お肉を入れると肉汁がたくさん出るのでそれがこぼれないようにきっちりと隙間が空かないように皮を閉じるのがコツです。また、空気が入ってしまうとあげている最中に破裂してしまうのでそれも注意!!今日はお菓子づくりなので具材にはすり下ろしたリンゴを使いました。
 4枚目はサラダを作っている様子。リンゴやバナナを小さく切ってマヨネーズで和えます。ボルマさんはマヨネーズを使うそうですがボロルマさんに聞くとヨーグルトを使うのがふつうだそうです。!?!?
 5枚目は今日作ったものすべてを並べてみました。お菓子とサラダとミルクティーです。バターや塩を入れて飲むのが一般的なようです。なぜか今日はお好みで塩を入れてくださいということでした。
 6枚目はお菓子のアップ。

 香ばしい香りに包まれてとてもおいしかったです。ボロルマさん曰く、モンゴルの食卓には常に肉があるのでお肉がないと食べた気がしないとのことです。肉好きの私もどうせならリンゴじゃなくて挽肉が入ってた方がよかったです。
 ボルマさん、ボロルマさんありがとうございました。

モンゴル料理?!

 今日はぷらっとカレッジの講師としてモンゴル人の留学生2名がぷらっとを訪れました。
 お二人はボルマさんとボロルマさんで、それぞれ日本に来てから1年目と2年目の学生さんです。最初にモンゴルの気候や暮らしについてお話しをしていただいたあとみんなでモンゴルのお菓子とお茶を作っていただきました。
 モンゴルは首都のウランバートルでも冬場には最低気温が-28℃にもなるそうです。ちょっとモンゴルに行ってみたいなーと思っていたのがこの一言で一気に消えてしまいました。(写真は家に帰ってからアップします。)

忘年会

 昨日はコミ勉の忘年会に行ってきました。こぢんまりとした自主勉強会ですが発足より1年が過ぎました。来年はもっと参加者が増えて活発な議論が出来るような場になればいいのになぁと思いながらキムチ鍋をいただきました。

育成会研究大会




 今日は休みだったのですが桜井市で開催された育成会の研究大会に参加してきました。
 おもしろかったのは本人部会。「親亡きあと私たちはどうなるの?」という当事者の疑問から出発した企画のようで「私たちのこれからの生活を考える」と題して、当事者のみなさんが「幸せに感じること」や「やりたいこと」についてそれぞれの意見を発表したあと、ではそれを実現するためにどんな「努力」をしているのかということを話し合いました。最後には、自分でなんとか出来ることもあれば一人ではどうすることも出来ないことあるので本人部会や地域の相談支援事業所に「悩んでいること」を相談できるようになろうという話しになりました。
 みなさんがすごく積極的に手を挙げて、自らの思いをみんなに発表されている姿がすごく印象的でした。自分の思いを言葉にすることって大切ですよね。

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。