スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13歳の夏




 今日は京都にイタリア映画「13歳の夏に僕は生まれた」を観に行ってきました。この映画は2ヶ月ほど前に浜村順が紹介していてすごく見たかったのですがその時公開していた劇場には観に行くことが出来ず残念に思っていました。ところが先日たまたま京都シネマのHPを見たら今日から上映するというのでさっそく行ってきました。
 上映初日ということで京都大学の教員から映画の舞台となるイタリアの移民受け入れの歴史についての簡単な講演があり、その後上映。この映画は、13歳の主人公サンドロが遭難した海でイタリアへの不法入国を目指す船に助けられ、そこで知り合ったルーマニア人の兄妹との交流を通してイタリアの移民問題について描くというものです。長らく移民の送り出し国だったイタリアが1970年代を境に徐々に移民受け入れ国へと立場が変化しはじめ、90年代以降多くの移民がイタリアを目指してやってくるようになったそうです。ドイツやフランスと比べて移民受け入れ国としての歴史が短く、法整備などが遅れていたイタリアは国内の労働力の減少などで労働としての移民受け入れが必要不可欠である一方、国内に100万人以上も暮らす移民への排斥気運の高まりなど、大きな社会問題となっているようです。
 その不法移民がイタリア国内で置かれている状況の一端をサンドロはルーマニア人の兄妹を通して知ることになります。北部イタリアのとある街の工場経営者の息子として生まれ、幸せに暮らしてきたサンドラが13歳の夏にルーマニア人の兄妹、特に妹のアリーナとの出会いの中で自分たちの社会の問題について気づきます。その気づきが映画の題名にある「生まれた」という言葉で表現されているのだと思います。
パンフレットに書かれている監督の「サンドロにとって移民は学校や工場でよく見るが機械の部品か教室の机程度の存在で共存できていない、移民から何かを学ぶとか新しい発見があるかもしれないという発想はサンドロにはありません」という言葉が印象的でした。いろいろと考えさせられるすごくいい映画ですのでもし機会があれば観に行ってみてください。

 その他の写真は、映画の帰りに立ち寄った南禅寺です。
 明日はぷらっとメンバーN森さんに誘われたのでひかり園まつりに行ってきます。 

スポンサーサイト

放課後

 今日は仕事で「高田あそぼうかい」を見学してきました。まだ会が出来て2回目の活動ということで、そんなに人も多くなかったけどのんびりとしたとても居心地の良さそうな会でした。
 この会は大和高田市に住む大淀養護学校の保護者が中心になって立ち上げたもので、住んでいる地域で気軽に集まれる場所づくりを目的に月2回(水曜日と土曜日)午後から2時間の予定で開催されます。会場は福祉センターの一室を借りて開催していますがすごく広い部屋なのと、各自がそれぞれにしたいことをしているような感じなので(そのうち映画界などのイベントを開催する予定だそうです)すごくゆったりとした時間が流れています。
 今は会を立ち上げたばかりなので保護者が自らの子どもとあそんでいるような感じですが、出来ればいろんなボランティアさんなどに関わってもらいたいということでした。何となくお話しをしていて写真を撮るのを忘れてしまったんですがもし興味のある方は大和高田市の社協へ連絡すれば代表者の方を紹介していただけると思います。
 こんな集まりが各地域にいくつもあったらいいのになと思いました。

お茶菓子



 昨日久しぶりに和菓子を食べました。
 赤いのが庚申さん(奈良町でよく軒先に吊ってあるお猿さんのお守りを模したもの)、緑色のが紫式部、最後がトルファンの夏。みんなおいしかったけど特にトルファンの夏がおいしかった。和菓子なのにホワイトチョコが入っていたりあんこにブドウや日本酒が入っていたりして、すごく変わった味がしました。甘いものを食べているときは幸せになれますよね。

保護者会

 今日は保護者会の打ち合わせに皇學館大学に行ってきました。上牧から名張は遠いですねー。帰りは道が少し混んでたので2時間近くかかってしまいました。保護者会の打ち合わせもそこそこにI先生にいろんな話を聞かせてもらいました。すごく楽しい時間を過ごせました。ただ、長居してしまったのでお仕事のじゃまになってしまったかもしれませんが。
 肝心の保護者会ですが来月28日にぷらっとオープンから13ヶ月目で初めての保護者会を開催することになりました。ぷらっとのコンセプトを考えたのは社協職員ですが1年間運営してみて、利用してみて等、いろんな視点からみんなで話し合いながらぷらっとをバージョンアップしていければと考えていますのでみなさんご参加よろしくお願いします。

こんなん撮りました





 うちのねこを撮ってみました。

 明日は保護者会の打ち合わせで皇學館大学に行ってきます。その様子はまた明日紹介します。
 ということでちょっと休憩。

上高地





 連休に長野に遊びに行ってきました。あいにくの雨でしたが少しリフレッシュできました。また明日から仕事がんばろー。

関係機関連絡会議

 今日は第4回目の関係機関連絡会議を開催しました。あと2週間で10月。でも自立支援法の地域生活支援事業はほとんど何も決まっていません。とりあえずは上牧町の17年度支援費支給実績を元に10月以降の新サービス体系に移行したあとも、問題なくサービスが提供されるのかを話し合いました。でも結局は、10月になってみて色々な不都合が現実のものとして現れてきたあとでないと、関係機関連絡会議と行政との話し合いは進展しないのではないかという話になってしまいました。どこの事業所も利用者の反応は今ひとつで、10月になってからすごく混乱されるのではないかということでした。きっと10月1日には必須の事業ですら利用できなかったり、周知されてなかったりするんだろうな。
 自立支援法の話になるといい話はちっとも出来ませんねー。会議の内容はあんまりかけないので今日はこれくらいで。

調査

 お昼に調査員が調査票の回収に出かけたままちっとも帰ってきませんでした。事故でもあったのかなと心配していると、もうすぐ帰るという電話があり一安心。帰ってきてから話を聞いてみると、なんと5時間近くも一見のお宅でお話を聞いていたとのこと。ちょっと驚きましたがすごく積極的に調査にご協力いただいたようで、家族の立場での色んな思いを本当にじっくり聞かせていただいたようです。
 調査事業もあと少しで調査票の回収が終了します。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。調査員のみなさん雨の中の回収作業ご苦労様、あともう少し頑張ってください。

(余談)
 奈良県の社協専任職員連絡会(職連)にMLが出来たというので先日加入しました。さっそく投稿してみたんですが…。3日経っても誰も応答がない。ちゃんと登録できてるのかなー。変な投稿をしたのかもしれないけど、理事のみなさん何でもいいから話題を提供してMLを盛り上げましょうよ。

ダンス




 今日はぷらっと講座。初めて、子育てや高齢者の各事業の利用者にも参加を呼びかけて、子どもからお年寄りまで誰もが参加できて楽しめるイベントとして「ダンスを踊ろう」を開催。ファッションショーのウォーキング指導にもご協力いただいたダンス&ピープルの3人を講師に迎えて、みんなで体を動かして楽しみました。
 全部で30名ぐらいの参加者だったんですがいつものぷらっとメンバーだけの会とは違って、走り回る子どもやそれを楽しそうに眺めているお年寄りなど本当に活気のあるぷらっと講座でした。まずは自己紹介で「いま一番したいこと」を紹介するときに体の動き(振り)を考えて、みんなと一緒に大声で叫びながらその動作をするというワークを行いました。ちなみに高齢者事業担当の職員hはビールをコップに注いで一気飲みする仕草をしながら「思いっきりビールが飲みたい」と叫んでいました。こんな感じで緊張がほぐれたあとは、みんなで手をつないだり背中をくっつけたりしながらいろんな動作を楽しみました。
 こんな事業から少しずつお互いに関心を持って、まちで会ったときに声をかけられるような関係ができていけばいいですね。

みそ祭り




 今日は考える会に出席するついでにみそ祭りをのぞいてみました。
 昨日も少し紹介しましたがこのみそ祭りはみそ造りをしている福祉作業所や授産施設が協働でみそをテーマにお祭りを開催するというものです。私が行ったころには13時近くになっていたので、食べ物などの販売はほとんど終わっているような状況でしたがそれでも多くの人がおみそや手芸品などを手にとって選んでいました。考える会が始まってしまうので少ししか見学できませんでしたがみそ造りの工程や器具の紹介、コンサートや抽選会など別の部屋にいても声が聞こえてくるほど会場は盛り上がっていました。次回はぷらっとも参加させてもらいたいなぁーと思いました。(みそは全然造っても使ってもないですけど)
 今日中には写真をアップします。

取材

 今日は東京から全国社会福祉協議会の方が取材に来られました。来月のノーマに掲載していただけるそうです。ぷらっとメンバーへのインタビューや働いているところの写真を撮影されていたので、きっとその写真やお話しも掲載していただけるはず。メンバーのN森さんとI本さん、楽しみに待っててくださいね。
 その取材があったので私は参加できなかったのですが同じ時間帯に福祉作業所の今後を考える会議が作業所の運営委員会と行政、社協の三者で開催されました。K局長の話によるとすぐに地域活動センターに移行するのは難しいということで今後も継続して検討するということになったそうですが、作業所の運営の透明化を図るためにNPO法人格を取得を目指して準備をしていくことにはなったようです。自立支援法の新しいサービスが始まるまで1ヶ月をきりました。まだまだ不透明なことばかりです。

 明日は河合町の豆山の郷で開催される「みそまつり」を少し覗いてこようと思います。“みそ”を作っているいくつかの通所授産施設や作業所などが“みそ”をテーマに共同で開催するお祭りのようです。“みそ”を使った料理の屋台やコンサートなどいろんな催しがあって楽しそうなイベントです。また明日のブログで写真と様子を報告します。

無事終了

 ここ数日緊張の種だった「地域福祉推進セミナー」が無事終了、たったいま交流会を終えて帰ってきました。セミナーは380名もの参加者を得て大盛況でした。私が発題させてもらった分科会は、残念ながら時間不足で当初予定されていた会場を巻き込んだ議論というところまではいきませんでした。でも、地域で暮らす障害当事者や地域生活を支えるNPOの方から興味深いお話を聞くことが出来たし、私自身もそんな場で発表するという貴重な経験をいただいて、本当に楽しかったです。
 少し考えさせられたのは各分科会の報告を兼ねた全体会。「今こそ福祉施設の力を地域づくりに」という分科会の報告で、施設がハード、ソフト(介護技術)、マンパワー(施設職員)を備えた地域の社会資源だという話がされていました。全体会に先立って行われた基調講演では、同じ福祉施設(利用者は異なるけど)が浅野史郎氏が宮城県取り組みとして知的障害者施設解体宣言の話をされていました。どちらか一方の批判ではないんですが、一方では憲法で保障された居住の自由を制限するあり得べきものとしての“施設”、もう一方では地域住民にいろんなノウハウを提供する貴重な未活用の社会資源。このギャップってなんなんでしょうね。職員の持つ専門性についても、前者では利用者の自立を阻害する可能性があって、地域移行のために転換を求められているスキル。後者では住民に教え広げていく今まさに求められているスキルとして2通りの語られ方がされています。
 施設は今も現に存在します。私の家のすぐ近くにも200床もある老健がもうすぐ完成します。施設でないと暮らせない人も中にはいるのかもしれません。施設での生活を望まれる人もひょっとするといるのかもしれません。でも、基本をどこに置くのかということはちゃんと考え、押さえておく必要があるのではないでしょうか。いま現にたくさんあってどうせあるのなら、なんか少しでもましな利用の仕方を考えるというのも大切かもしれません。でも、いま“ある”ということだけにとらわれずに考えることも大切なことだと思います。
 まわりくどい言い方で、しかもちっともまとまってないので自分でも何を書いたのかよくわかりませんが、社協という色んなしがらみで事業をせざるを得なくなってから後付の理由(社協がそれを行う意義)を考えることが多い職場にいるものとして、なんか似てるような気がしたりしつつ腑に落ちない思いがあったので書いてしまいました。(ちゃんと説明できるように布団の中で考えます)

ドキドキ

 一週間近くブログの更新さぼってます。こんなことではいけないと思うのですが、明後日に迫った地域福祉推進セミナーで何しゃべったらいいんやろと心配であんまり何も手につかない状態が続いてます。ちゃんとした更新は6日にしたいと思いますのでそれまでおつきあいお願いします。決してブログを閉店したわけではありません。
 しっかし人前でしゃべるのって緊張しますよね。少しずつでもちゃんとしゃべれるようになっていかねば。(関係者のみなさん、しゃべるのがイヤだとか変なこと頼まれたとはちっとも思ってませんので、むしろ声をかけていただいて感謝しています。念のため。)

プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。