スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存権

『生存権 いまを生きるあなたに』という本を読んだ。
憲法第25条の生存権について立岩真也ほか2名にインタビューするという形式の本。そういう形式なので、特に難しいことが書かれているわけではなく、ごくごく基本的なことが語り口調で書かれているのですぐに読んでしまえるし、新しい発見があったわけでもない。
でも、こういう時代だからこそ生存権について最低生活の保障ということについて意識していかないとだめなんだなぁと思わせるには十分な内容かな。


立岩真也のところでは、この人がいつも難しく書いている国家の役割(富の分配について)がすごく簡単に紹介されている。
この中でおもしろかったのは、知的障害者は働かなくてもいいと思うかどうかという話し。聞き手には知的障害の子どもがいるようで、聞き手は子どもが働きたいといったら楽しんで働けるような作業所のようなところに通ってもいいと思っているけれども、必ずしも働いた方がいいとは思っていない。話し手も同様で、どちらでもいいと答えていて、それはなにも知的障害を持つ人だけに限った話しではなくすべての人を対象に話ているところ。
ぼくもぷらっとを始めようと思ったときに、知的障害を持つ人の就労について少し考えて、しごとというのは余暇活動でいいんじゃないかって思えた。所得保障は年金や保護で対応して、その人の持つ役に立ちたいとか楽しみたいとか働きたいという欲求に対応できる場所が必要なんだろうと思ってた。そのとき、知的障害者のしごとは余暇活動でよくって、どうしてぼくのしごとは余暇活動じゃだめなんだろうって考えてたのを思い出した。
そのときは、知的障害者には生産性がないから余暇でいいんだという、ぼく自身の差別意識の表れだろうかとも思ったけど、この本を読んでいてそうじゃないというこが確認できた。(差別意識の表れじゃないということはわかってたけど)
ぼくにとってのしごとも余暇活動であってもいいんだろうし、それを説明することだってできるはず。

(余談)
この本で朝日訴訟という言葉を久しぶりに聞いた。大学時代に公的扶助論の講義で聞いて以来だから15年ぶりぐらいだろうか。
あのころは、公的扶助論なんて大嫌いな講義のひとつだった。中身も、生活保護についてのシステムのややこしい話か、福祉川柳事件とかにみられる福祉事務所のワーカー=悪という、単純でうんざりするようなつまらない話しか聞けなかったし。
でも、本当は公的扶助論はすごく大切な講義のはず。もっと、別の伝え方をしてくれていれば学生時代から興味が持てたはずなのになぁ、なんて人のせいにしてしまってるけど。
スポンサーサイト

読みたい時期 かな?

ここ数ヶ月本を読むペースがすっかり落ちてしまって本を読まない時期に入っていましたが、そろそろまた本が読みたくなってきました。
今週初めに三崎亜記の「廃墟建築士」を買って、ゆっくり読もうと思ってたのにその日のうちに読み終わってしまって、おとついには思い切ってたくさん本を買いました。

買ったのは、塩野七生の「ローマ亡き後の地中海世界」の下巻、ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」、ジェフリー・アーチャーの「プリズン・ストリーズ」の4冊。
さぁ、頑張って読まなくちゃ

  32195695.jpg

51C2.jpg

41t.jpg

41R.jpg
プロフィール

taat1017

Author:taat1017
うだうだ、ぶつぶつ。いろんなことにすぐに悩んでしまう困った人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。